現在各配信サイトにて絶賛配信中の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より、
発売を目前に控えた「式波・アスカ・ラングレー [ラストミッション]」に続き
「真希波・マリ・イラストリアス」も[ラストミッション]と銘打ち、1/7スケールフィギュアとして商品化が決定致しました!

本日は出来立てほやほや、撮りおろしの原型写真で見どころをご紹介!


01

原型は「アスカ」に引き続き弊社所属、のぶたが担当。
頭の先から台座に至るまで、アナログでの造形。

白き深々度ダイブ用耐圧試作プラグスーツを身に纏い、
最後の決戦に向かうマリを圧巻の造形で仕上げています。


02
どこか物憂げにも見える絶妙なニュアンスの表情が受け手にも様々な感情を想起させますね。
特徴的な眼鏡も余すところなく制作。


03
風に揺られ、たなびく後ろ髪も見どころの一つ。
柔らかな流れの中に、毛束の先端へ向かうほど複雑かつ緊張感を覚える細やかさが光ります。
さらに、「アスカ」とは逆方向に流れているので、2人合わせて飾る際に統一感を演出。

04
左右の手の表情、スーツのシワも見どころポイント!
様々な角度から光が当たることにより生まれる影も、見る方向によって違う印象を与えてくれます。

05
ボディラインの造形美もイチオシ。
色のついていない原型の状態は、フィギュアというよりも彫刻といっても過言ではありません。
実際にポリパテの塊から削り出しているので、まさにピッタリな表現かと思います。

メリハリの効いた体躯は、柔らかさをも感じさせる立体造形が素晴らしい。
部位ごとの緩急の付け方が、見る者を飽きさせません。


06
マリならではの美しいプロポーションをご覧ください!
肘、膝裏などの硬さと柔らかさが同居する部位や、もも裏など緩やかな曲線が連続するラインは流石の一言。
まるで生きているかのような存在感に圧倒されます。

07
台座は「アスカ」ともまた違う表現になっています。
伸びた鉄骨が寂れた情景を補強。
彩色では「アスカ」と同じく劇中イメージのコア化した大地である赤色となりますので、並べた際に違和感なく溶け込みます。

08
アオリの角度から見ることで更に違う表情が見えてきますね!
陰影が濃くなることでキレのあるカッコ良さも生まれました。

製品発売の暁には、是非お手元で様々な方向からじっくりとお楽しみください。



ただいま彩色サンプルを鋭意制作中ですので、乞うご期待!!


商品名  : 真希波・マリ・イラストリアス [ラストミッション]
作品名  : シン・エヴァンゲリオン劇場版
スケール : 1/7スケール
仕様   : ABS&PVC 塗装済み完成品・専用台座付属
全高   : 約270㎜(台座含む)
原型制作 : のぶた(リボルブ)
発売元  : リボルブ


©カラー